サラ金は急な出費にはおすすめですが、審査を受けないといけない。

消費者金融は通称サラ金と呼ばれ、急に多額の出費が必要になった場合にはおすすめのサービスです。(サラ金のオススメ業者を徹底比較)サラ金を利用するには基本的には店舗に行き、申請する必要があります。サラ金によっては無料契約機を設置している場合もあり、そのような場合だと夜中でも申請する事が可能です。申請したらサラ金が指定する審査を受ける必要があります。審査内容はサラ金によって変わってくるので一概には言えませんが、過去のクレジットカードなどの支払い履歴や職場の規模などが審査されます。サラ金は申請があるとまず信用情報登録機関に過去のクレジットカードやサラ金などの履歴を照会します。そこには支払い履歴だけでなく、申し込み履歴などもかなり詳しく記載されており、そこからきちんと支払いをする人がどうかを審査します。仮に過去のクレジットカードなどで債務整理はもちろん、クレジットカードや銀行カードローンなどの連続申し込みをした場合には審査通過が拒否される可能性が高くなるので、そのような場合には事前に信用情報登録機関に過去のクレジット履歴を確認する事が大切です。

信用情報登録機関による信用情報をパスしたら、次に勤務先の審査になります。公務員や東証一部上場企業などだとサラ金は倒産する可能性は低いと考えて審査をパスする可能性が高くなります。逆に自営業の場合には収入が安定していないのではないかと考え、審査に不利になる場合もあります。その場合には市町村が発行する所得証明書や、納税証明書などを提出すると有利になる場合がほとんどです。ほとんどの場合審査はそれまでですが、店舗で申請した場合などには職場への在籍確認の電話が入る場合もあります。在籍確認の電話をする事できちんと働いているかどうかを確認しており、万が一かかってきた際にはきちんと対応しないと、信用情報や勤務先の規模に関係なく即否決となるので、注意が必要になります。かかってきた際には電話に出た人が、申請者に繋ぐか不在にしていると伝えれば良い。